【携帯販売員】全国1位が教える販売につなげるアプローチ方法
携帯の販売の仕事を始めた(たい)人、販売数を伸ばしたい人「アプローチのタイミングを知りたい、なんて声かけしたら拒まれないんだろう、具体的にコツを教えてください」
こういった疑問に答えます。
  • 本記事のテーマ
【携帯販売員】全国1位が教える販売につなげるアプローチ方法
  • 記事の信憑性
記事を書いている僕は販売員歴5年。
接客業未経験から開始6ヶ月で某携帯キャリアの販売数全国1位を取りました。
  • 読者への前置きメッセージ

本記事では「アプローチのタイミングを知りたい、なんて声かけしたら拒まれないんだろう、具体的にコツを教えてください」という方に向けて書いています。

この記事を読むことで、「販売につながるアプローチの方法」を習得できると思います。

僕を含めて、楽しく多く販売している販売員が実践している流れです。

それでは、さっそく見ていきましょう。

記事のしおり

  1. 印象の掴み方
  2. 接客の流れ
  3. アプローチ方法←今回
  4. ヒアリングの方法
  5. テストクローズ
  6. 機種選定
  7. クロージング
  8. 切り返し
  9. 成約

アプローチの重要性

アプローチの重要性は非常に大きいです。
まず、アプローチをしない受け身な体制で大きな数字を獲得することは不可能です。

アプローチ数と接客数は比例し
接客数と成約数は比例します。

上記のことから、アプローチ数は成約数に直結していることを意味します。

※アプローチ数=お声かけの数
※接客数=料金のお話をした数
※成約数=獲得した数

POINTアプローチ数=接客数=生産性

お声かけしていいか分からない時

結論から言いますと、アプローチに行きことを悩んでててもダメです。
まず、アンテナを張って誰よりも早くアプローチに行くことに徹してください。

成約数に直結しているというのもありますが、そのお客様が何に興味を持っているのか、購入を検討しているのか、通りがかっただけなのか、これは話しかけてみなければわかりません。

しかし、話しかけて聞いてみるとそれは一発でわかります。
なので、悩む時間があるのであればすぐにアプローチに行って確かめてみましょう!

見た目で判断すると数字は伸びない

接客年数が長くなってくると「あのお客様は買わない人だ」と決めつける人がいます。
確かに年数があるとだいたいわかってきます。ですが、一年以上の相当な経験とデータがないと決めつけられませんし、さらにベテランでもそれが当たる確率は10%前後です。
取れるようになりたいのであれば見た目で判断することは相当なことがない限りやめましょう。

POINTステータスを考える前にまずアプローチをする!

アプローチに入る位置

アプローチは単純に行けばいいというものではありません。
実は、「接客をされてもいいよ」と思っている人は半分くらいです。
そこで普通に話しかけても微妙な反応になってしまいます。

なのでまずは心理的に話しやすい位置から攻めていきましょう。

カバンの向きとは逆方向から

やはり物理的に距離があるまたは、何か障害物があると人は心の距離を感じてしまいます。
ですので、肩掛けや手持ちのバッグを持っている人はそのカバンがない方から話しかけましょう。

足の向き

背後から話しかけないようにしましょう。
人は足先の方に興味を持ちます。

ですので、しっかり足の向きをみて、向いている方向から話しかけてみましょう。

POINT小さなところに気を使って話しかけよう!

アプローチの内容

アプローチの位置を把握したら次はアプローチをする言葉に注意しましょう。

定番なのは

  • 何かお探しですか?
  • ご案内いたしましょうか?

この二つですね。
これはNGワードです!!

何故なら、「いいえ、大丈夫です」と返答された場合に会話が終了してしまうからです。
必ず会話が続くワードを選びましょう。

会話が続く第一声

  • 今もスマホお使いですか?
  • その手に取ってる機種気になってるんですか?
  • 今もここの携帯会社ご利用中ですか?

 

この三つのワードは非常に有効です。
「いいえ」となっても次の会話に繋げられますし、自然とヒアリングに移れるからです。

POINTアプローチの言葉は決めておこう!

アプローチが終わったら

アプローチを行なった後は自然と会話をつなげてヒアリングに移りましょう。
突然「これオススメです」と言われても聞いてくれません。

しっかりとした内容のヒアリングをしていきましょう。

ヒアリングについては別記事にてご紹介いたします。

まとめ

いかがでしたか?
現在お声かけが背後からだったり、NGワードを使っている人は注意しながら改善していきましょう!
結果に繋げる第一歩です!

閲覧ありがとうございました。

次回は、ヒアリングの正しい取り方について書いていきます!