携帯販売員必見!テストクローズのやり方と必要性

 

テストクローズのやり方と必要性

こんにちは。
私は某携帯電話キャリアの販売を開始1年で販売数全国1位を叩き出したことがあります。
そのノウハウをこのサイトを通して発信していきたいと思います。

この記事を見たあなたは、販売の関係者だと思います。
これを読んで販売方法をマスターして楽しく仕事をして見ましょう!

今回の記事ではテストクローズの正しいやり方について書いていきます。

記事のしおり

  1. 印象の掴み方
  2. 接客の流れ
  3. アプローチ方法
  4. ヒアリングの方法
  5. テストクローズ←今回
  6. 機種選定
  7. クロージング
  8. 切り返し
  9. 成約

テストクローズの重要性

テストクローズは購入意欲の再確認の作業となります。

たった一言で終わり、返事をもらうだけの作業ですが

ここを飛ばすと、最終クローズが弱くなってしまうのでしっかり行いましょう。

POINTテストクローズ=成約率

テストクローズのやり方

記事のしおりを見ていただければわかると思うのですが

テストクローズの後は機種選定です。

そこに購入意欲を高い状態で持っていくものです。

その一言とは?

「絶対機種変えた方が良くないですか?」

「すぐにでも変えた方が良さそうですよね?」

この一言です!

もしくはこれに近い言葉をかけてあげましょう。

この言葉に対して「そうですね」「はい」などの返事が自然ともらえれば、お客様の中で「今日変える」という心構えが自然と発生し購入意欲が格段に上がります。

まとめ

いかがでしたか?

このパートは非常に簡単ですがやるかやらないかで成約率をあげれるかどうかに関わってきます。

是非試してみてください!

閲覧ありがとうございました。

次回は、機種選定のやり方について書いていきます!